事業内容 プラント工事部門 設備工事部門 船舶工事部門販売部門

   

お客様にご満足していただけるミヤデラ断熱に成長する為全社一丸となって挑戦しております。

当社は大正8年(1919年)に珪藻土・炭化コルク・石綿を 主材料とした各種保温資材及び石綿紡績品の製造・販売 , 並びに保温、保冷、防熱工事施工を目的として初代社長 宮寺良寛の創業により発足しました。
創業以来、我が国のあらゆる産業界のご要望におこたえして創意を生かし、優れた耐熱製品・保温材を供給し、 且つ施工技術の向上に努め、省エネルギーに貢献してまいりました。これもひとえに需要家各位の格別のお引き立てと、ご厚情の賜と深く感謝いたしております。当社と致しましては、激しく変化する顧客産業界のご要望に対し、速やかに且つ積極的に対応し永年に亘るご信頼にお応えするため、次のテーマに挑戦しております。

1.豊富な工事経験(実績)を生かした省エネ新製品の開発・販売
2.コンピュータネットワークシステムの導入による迅速なサービスのご提供
3.生産性向上と施工技術者の育成

以上のテーマに対し、全社一丸となって挑戦し一日も早くお客様のご満足をいただけるミヤデラ断熱に成長したいと念願しております。なにとぞ、従来以上のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 宮寺力也

プラント工事部門

各メーカー様工場をはじめ清掃工場などの公共施設やクリーンルームや 石油備蓄基地などのプラントにおける 保温・断熱・防振・保冷・防音など 各種工事実績と、これらの豊富な経験とデータをもとに あらゆるニーズにお答えします。

プラント石油コンビナート全景工場
設備工事部門

保温・保冷工事 アスベスト除去工事

建設される建物の中には、冷房や暖房などの環境設備が必要となります。この環境設備のエネルギー供給に使用される配管やダクト、機器における熱エネルギーの放熱や熱伝導を各種保温、断熱資材を利用して最小限のエネルギー損失にする工事です。有害なアスベストの除去工事も法令に則って行います。

 

防露工事

同じく建設される建物内には給水と排水を行う衛生設備があり、これらの設備に利用される各種配管が内部を流れる流体の温度により外部との温度差が発生します。温度差が発生すると物理反応による熱エネルギーの移動が生じ空気中の水蒸気が液化し水滴となって結露します。防露工事はこの結露を防止します。

ビル機械室機械室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船舶工事部門

各地のドックを中心に客船や商船 自衛隊や海上保安庁の船舶さらにはLNGタンカーなどの 保温・断熱・保冷工事を 各造船会社様と協力して工事を行っております。

大型船舶全景LNGタンカーイージス艦
販売部門

この他にも各種取扱品がございます。ご注文、ご質問などありましたら、ご一報下さい。

保温・保冷・断熱材

グラスウール
ロックウール
フォームポリスチレン
フォームポリエチレン
ポリウレタン
硅酸カルシウム

発泡ゴム断熱材(NBR)

パッキン類 テフロン
ジョイントシート
綿及び麻
スクロール
セメタリック
加 工 品 フォームポリスチレン加工品
ウレタン加工品
セラミック加工品
フィルター各種
電気絶縁材加工品

パッキン類その他加工品グラスウール

 

<ページトップへ戻る>